拡大する写真・図版 13号車(写真右)の台車に亀裂が見つかりJR名古屋駅に停車した状態が続いている新幹線車両。15日未明から14号車との連結が外された状態になった=15日午後、名古屋市中村区、川津陽一撮影

[PR]

 台車に亀裂が見つかり、11日からJR名古屋駅に止まったままの新幹線「のぞみ34号」の撤去作業が15日から続いている。

 14~16号車は約3キロ西の名古屋車両所に牽引(けんいん)され、亀裂が見つかった13号車には保守用車両が連結された。16日未明に13号車をクレーン車でつり上げて、台車を交換する。新幹線の先頭車両のない珍しい光景に、鉄道ファンらが次々にカメラやスマートフォンを向けていた。