[PR]

 仙台市内の観光地を巡るバス「るーぷる仙台」の瑞鳳(ずいほう)殿前停留所(青葉区霊屋下)。冬の平日でもバスが止まるたび人が降り立ち、初代仙台藩主・伊達政宗が眠る標高76メートルの瑞鳳殿へ急峻(きゅうしゅん)な参道を上っていく。

 一帯の「経ケ峯(きょうがみね)」は市条例で開発が制限され、豊かな緑が残る。「きつい参道を避け、自然を満喫しながら瑞鳳殿に行けるおすすめの散歩コースがあります」。宮城学院女子大非常勤講師で街歩きの達人、木村浩二さん(65)が教えてくれた道順で霊廟(れいびょう)をめざした。

 その昔、鹿が下って広瀬川の水を飲みに来たと伝わる鹿落(ししおち)坂を上り始める。5分ほどで、デニム地のような藍色の壁と大きな高窓が目を引く2階建ての店「鹿落堂」が右手に現れた。ソバや甘味が評判だが、それよりも気になったのは、駐車場の石垣に開いた高さ1・6メートルほどの穴だ。入り口はコンクリートで封鎖されている。

 店主の兵藤雅彦さん(37)は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら