[PR]

 日本年金機構(東京)が採用試験の際、すべての受験者に「基礎年金番号」の提出を求めていたことがわかった。機構は「年金制度を理解しているか、年金記録で確認し、合否判断の指標の一つにしている」と説明するが、専門家からは法で保護された個人情報に当たることから、提出を疑問視する声も出ている。

 機構によると、昨年春~夏の採用試験時、面接する学生に送ったメールで、提出書類として成績証明書などと一緒に「基礎年金番号が確認できるもの(年金手帳など)」と記載した。機構の一昨年4月の採用実績は241人。これまでも受験者に年金番号の提出を求めているという。

 昨夏、面接を受けた関東の大学院生は、機構の採用担当者に「採用前になぜ年金番号が必要なのか」と問い合わせたところ、面接前日、「年金に関する手続きを適切に行っていることが大切との考えから年金記録を確認している」という趣旨の回答があった。大学院生は当日、「国民年金などに関わる自身の被保険者記録の確認」に同意する書面に署名し、年金番号を記入して提出。不採用となったが、「何を確認したいのか疑問に思ったが、同意しないわけにはいかなかった」と話す。

 機構の山田勝・広報グループ長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら