MRJ一部「おそらくキャンセル」 三菱重工社長が言及

有料会員記事

[PR]

 三菱重工業の宮永俊一社長は15日、開発中の国産初のジェット旅客機、MRJの航空会社への納入契約について、キャンセルが出る公算が大きくなったことを明らかにした。実際にキャンセルされれば初めて。開発費用も膨らんでおり、採算悪化の懸念が強まっている。

 宮永社長が報道各社のインタビューで言及したのは米イースタン航空と2014年9月に結んだ契約。最大40機を納入するとした。宮永社長は、キャンセルの可能性を問われ「おそらくあると思う」と述べた。

 今回キャンセルが出る見通しになった理由について宮永社長は、その米イースタン航空の買収を米スウィフト航空が決めたことを挙げた。スウィフト航空について、座席数が90席程度のMRJより「大きな飛行機しか使わないポリシーだ」と指摘した。

 これまでの納入契約は、日米欧の航空会社など8社との447機。キャンセルの公算が大きくなっている対象はそのうちの40機だ。

 2020年半ばとしている納入開始をめざし、これまでに試験用飛行機を5機つくり、米国西海岸を中心に試験を繰り返している。その中で出た課題を、納入する飛行機に反映させる仕組みだ。

 5機で進めてきた試験の体制について宮永社長は7機に増やす方針を示した。「新しく、2機ほどつくっており、来年ぐらいから投入する」と述べた。MRJの販売価格は、カタログによると、1機50億円。試験体制の見直しが開発費用を膨らませることは避けられそうにない。

■MRJの競争力「あると私は…

この記事は有料会員記事です。残り365文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら