[PR]

 滋賀県内の病院で2003年、人工呼吸器を外して患者を殺害したとして殺人罪で有罪になった元看護助手が求める再審について、大阪高裁は20日、開始を認めるかどうか決定を出す。自白の信用性や患者の死因が争点となっている。

 同県東近江市の湖東記念病院で03年5月、男性の入院患者(当時72)が死亡。看護助手だった西山美香さん(37)が警察の任意聴取に「呼吸器を外した」と自白、逮捕された。公判では無罪を主張したが最高裁で懲役12年が確定、今年8月に満期出所した。

 確定判決は男性の死因を「酸素が途絶えたことによる急性心停止」と認定。西山さんの自白は自発的にされ、迫真性にも富むとして信用性を認めた。

 今回の再審請求は2回目で、大津地裁は15年9月に棄却した。弁護団は高裁での審理に、患者の死因について「酸素が途絶えたからではなく、致死性の不整脈で死亡した可能性が高い」とする医師の意見書を証拠として提出。司法解剖時の血液データを分析した結果といい、致死性不整脈が死因なら「呼吸器を外した」という自白内容と整合しないと主張している。

 弁護団によると、検察側も死因…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら