【動画】佐賀のノリ漁師らが海上デモ 調整池からの大量排水に抗議=堀英治撮影
[PR]

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の調整池からの排水をめぐり、佐賀県西南部のノリ漁師らが18日朝、環境悪化につながる大量の排水をしないよう国や門を管理する長崎県に求めて海上デモをした。潮受け堤防の北部排水門そばには40隻ほどの漁船が集まり、午前8時50分ごろから漁師らが船上で声を張り上げた。

 調整池からの排水をめぐっては、赤潮などを招くとして、佐賀県有明海漁協などが1日の放流量を100万トン以下に抑えるよう要望。ただこの秋以降、これを大幅に超す排水がたびたび行われている。12月に入って県西南部で大規模なノリの色落ちが起きたため漁師らは懸念を深めており、佐賀県は国や長崎県とルール化を協議したい意向だ。(杉浦奈実)