[PR]

 沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校の校庭に米軍ヘリCH53Eが窓を落とした事故で、米軍は18日、日本国内で停止していたCH53Eの飛行を近く再開する方針を発表する。県や政府関係者によると、在沖米軍は「今回の窓落下はパイロットの操作ミス」で、機体の構造自体には問題ないとの判断を示したという。

 在沖米軍幹部から県側に17日、連絡があった。県は沖縄にある全米軍機の飛行中止と総点検を求めており、事故から1週間も経たない中での飛行再開方針に抗議した。翁長雄志(おながたけし)知事は18日朝、記者団に「本当にとんでもないことだ。米軍は良き隣人ではない」と述べた。

 CH53Eは13日午前、普天間飛行場を離陸直後、基地に隣接する小学校の校庭に重さ7・7キロの窓を枠ごと落とした。当時は体育の授業中で約60人の児童がおり、1人が落下の衝撃ではねた物が手にぶつかって軽いけがをした。最も近い児童との距離は13メートルほどだった。

 事故を受けて、米軍はCH53Eの飛行をやめていた。学校や県、宜野湾市などは、普天間第二小学校の上空を米軍機が飛行しないよう日米両政府に求めている。(山下龍一)