[PR]

 シリーズ「小さないのち」で、厳しい境遇のもとに生まれた子どもの命をどう守り育てていくのかをテーマにした二つの連載「みんなで守る」「育ちを支えて」に、読者からの多くの反響が寄せられました。2週にわたってこの問題を考えます。今回は、「産み捨て」や育児放棄のような虐待を招きかねない「予期せぬ妊娠」について。

 

性教育の出前授業 「自分を守る力」磨いて

 富山県内の中学校で、医師が現実的な性教育の知識を伝える出前授業が行われています。高岡市立福岡中学校で今秋にあった3年生の授業を取材しました。

    

 教壇に立ったのは産婦人科医の種部恭子さん。富山市で女性クリニックを開業しています。

 「ある15歳の中学生が妊娠し、どうしたらよいか分からず困っていました。ようやく決心して病院に行ったときには妊娠22週を過ぎて『中絶できない』と言われました。彼氏は会ってもくれなくなり、誰にも相談できないまま自宅で出産。赤ちゃんは置き去りにされ、亡くなりました」

 種部さんは、予期せぬ妊娠が決して遠い出来事ではないこと、困ったら誰かに相談してほしいこと、友達が困っていたら「信頼できる大人に助けを求めよう」と伝えてほしいことなどを、真摯(しんし)な口調で生徒たちに語りかけました。「幸せになるために、望まない妊娠や性暴力、性感染症といった性のトラブルを避ける力をつけてください」

 教える内容は具体的です=右のイラスト参照。妊娠が分かるまでの期間や、人工妊娠中絶ができる期間については「4月1日に性交をすると、妊娠したかどうか判定できるのがその2週間後、中絶の期限はお盆(8月中旬)までで、クリスマスイブごろに出産することになります」などと説明します。性交した時は「妊娠1カ月」、妊娠と判定できた時は「妊娠2カ月」となり、実際の月日よりも早く進みます。「妊娠5カ月すぎまで中絶できる」と言っても、実際には性交から4カ月半で期限がきてしまいます。

 妊娠検査薬については、2回分が1セットになったものを買うよう勧めます。まだ判定できない時期に使ってしまったり、陽性反応が出た時に「判定が間違っているかもしれない」ともう一度確かめたくなったりする気持ちを考えてのことです。

 コンドームや低用量ピル、性交後に飲む緊急避妊ピルについて、それぞれの費用や、どの方法も避妊の成功率は100%ではないことなどを伝えます。コンドームは避妊と性感染症予防の両方のために必要で、さらに「お互いを大切に思うなら二重の予防が必要です」と、ピルの服用も勧めます。

 中絶にかかる費用などについて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら