[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の米軍ヘリが窓を落とした市立普天間第二小学校に、18日、在沖米海兵隊のクラーク大佐が訪れ「計り知れないご迷惑と不安をおかけした」と喜屋武(きゃん)悦子校長に謝罪した。学校側は上空を飛行しないよう求めたが、大佐は「最大限、学校の上は飛ばない」とだけ答えたという。

 米軍は事故後に停止していたCH53Eの飛行を近く再開する方針を17日に県に伝えたが、それについての説明は学校にはなかった。

 面会は非公開。同席した市教委職員によると、クラーク大佐はおわびの意向を示したうえで、事故を起こしたCH53Eについて「全機、徹底的に整備点検をした」と何度も強調し、「クルーたちの安全教育も継続していく」と述べた。事故原因については触れなかった。学校上空の飛行に関して喜屋武校長は「『最大限』では納得できない。飛ばないとの回答をいただきたい」と訴えたという。

 一方、翁長雄志(おながたけし)知事は18日朝、米軍が近く飛行再開する方針を示したことについて、記者団に「本当にとんでもないことだ。米軍は良き隣人ではない」と述べた。

 CH53Eは13日午前、普天間飛行場を離陸した直後に、基地に隣接する小学校の校庭に重さ7・7キロの窓を枠ごと落とした。校庭では当時、小学2年と4年の約60人が体育の授業を受けており、13メートル離れたところにいた小4男児が、小石のようなものが当たった左腕に打撲を負った。(小山謙太郎)