[PR]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)で19日、外国人の年間入園者が初めて200万人を突破した。2014年以降、年100万人を超えてきたが、訪日客の増加でリピーターも目立つようになった。

 この日午前には、200万人目となったシンガポール在住のレイズ・オンさん家族らをクリスマス衣装の人気キャラクターが出迎え、記録更新を祝った。USJは2回目というオンさんらには、園内の全アトラクションに優先的に乗ることができるチケットが贈られた。「急なことでとても驚いたけど、興奮している。ハリー・ポッター(をテーマとしたエリア)が楽しみ」と話した。

 全体の入園者数は昨年が過去最多の1450万人。今年はアニメ映画の「ミニオン」がテーマとなるエリアができ、記録を更新する勢いだという。20年には人気ゲームキャラクター「マリオ」などを使った任天堂の新エリアが開業予定で、USJは訪日客のさらなる来園を期待する。(近藤郷平)