[PR]

 キリスト教の信者にとって、聖書は「神の言葉」。神の御心(みこころ)を伝えていると信じられている。古代につづられた言葉は時空を超え、時代に合った日本語をめざして翻訳されてきた。今年には、新しい訳の聖書が刊行される。どう変わるのだろうか。

 新訳を進めているのは一般財団法人日本聖書協会。カトリックとプロテスタント両教会の計18教派・団体が翻訳に関わる。両教会の対話は1960年代から本格化し、87年に初めての「新共同訳」が実現した。日本の信者の約8割が手にする新共同訳は、分かりやすさを重んじた。例えば旧約聖書「詩編」23編にこういう文章がある。

 主は羊飼い、わたしには何も

 欠けることがない。

 主はわたしを青草の原に休ま

 せ

 憩いの水のほとりに伴い

 魂を生き返らせてくださる。

 主は御名(みな)にふさわしく

   わたしを正しい道に導か

   れる。

 それが、今年12月刊行予定の「聖書協会共同訳」では次のように変わる。

 主は私の羊飼い

 私は乏しいことがない。

 主は私を緑の野に伏させ

 憩いの汀(みぎわ)に伴われる。

 主は私の魂を生き返らせ

 御名にふさわしく、正しい道

 へと導かれる。

 「水のほとり」が「汀」に変わるなど、難しくなったようにも見える。これは「より格調高い日本語」をめざし、教会での礼拝も意識したためという。

 2010年から始まった新翻訳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも