[PR]

 多くの名選手や名将を生んだ「サッカー王国静岡」――。今年はロシアでワールドカップ(W杯)が開催され、県出身選手の活躍にも注目が集まる。一方で県内の競技人口は減り続け、全国高校サッカー選手権大会で県勢が決勝に進んだのはここ20年だと一度のみ。県内のJ1のチームも優勝争いから遠ざかるなど「低迷」が指摘されている。再興の鍵は何か。静岡そして日本のサッカーの底上げを目指し、チャレンジする指導者や選手の姿を追う。

常により高み目指して 小野伸二選手

 「よし、ガチンコだからこっちも本気でいくぜ」

 昨年のJ1最終節から約1週間…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら