【動画】国道425号を走ってみた=加藤諒撮影
[PR]

 和歌山、奈良、三重の山間地を縫うように走り、「酷道(こくどう)」とも呼ばれる国道425号。そもそもどういう経緯で国道になったのだろうか。

全国“酷道"マップ

朝日新聞記者が走った「国道425号」のほか、各地には多くの「酷道」や変わった国道が点在している。山あい・海沿い……過酷すぎる全国有数の地点をたどる。

国道昇格で「道をきれいに」

 県道から国道への昇格が決まったのは、1981年。30年以上前のことで、国土交通省や自治体に取材しても詳しい経緯は分からなかった。ただ、沿線の町や村は、国道への昇格を要望していたという。

 その一つ、和歌山県印南(いなみ)町の町史をみると、79年に国道昇格キャンペーンのキャラバン隊がデモンストレーションを実施したと書かれており、熱心な要望活動があったことがうかがわれる。奈良県十津川村の担当者も「国道になれば、道をきれいにしてくれるというイメージがあった」と話す。

 国道を管理するのは国のほか、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら