写真・図版

[PR]

 6年に1度となる診療報酬と介護報酬の同時改定が決着した。社会保障費が膨らみ続ける中でも、安倍政権は最大の焦点だった診療報酬の「本体」と、介護報酬を引き上げた。日本医師会、経団連、介護団体……。有力な支持団体への配慮が色濃く出た改定劇で、あるべき社会保障の姿について議論は先送りにされた。

 「了解していない」

 日本医師会の横倉義武会長は12日、自民党の厚生労働族議員から電話で「財務省が0・5%の引き上げを検討している」と伝えられると、こう応じた。診察料や入院代などの公定価格で、医師や看護師らの人件費などに回る診療報酬の本体部分について、前回2016年度改定の0・49%を上回る数字だったが突っぱねた。

 強気の背景には、安倍晋三首相…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら