[PR]

 来年1月3日に東京ドームであるアメリカンフットボールの日本選手権ライスボウル(朝日新聞社など主催、プルデンシャル生命保険特別協賛)で戦う社会人Xリーグ王者の富士通と、学生王者の日大が19日、東京都内で記者会見に臨んだ。

 両チームは初対戦。2連覇のかかる富士通の藤田智ヘッドコーチは、京大の「5回生コーチ」だった1990年の甲子園ボウルで日大に完敗。「コテンパンにやられた記憶しかない」。富士通には日大出身の選手が12人もいる。27年ぶりの出場となる日大の内田正人監督は「向こうは大人のフットボール。強敵だなと思います」と話した。来春、富士通に加わる日大のDL山崎奨悟主将(4年)は「思いっきりやって勝ちたい」と力をこめた。