[PR]

 法務省は19日朝、2人の死刑を執行した。執行は今年7月以来5カ月ぶりで、上川陽子法相の下では8月の再任後は初めて。前回法相時は1人に執行している。自民党が政権に復帰した2012年12月以来では12度目、執行は計21人になった。同省によると、12月15日時点で未執行のまま収容されていた確定死刑囚は124人だった。

 上川氏は2度目の法相に就任した今年8月の記者会見で、死刑執行について「裁判所の判断をしっかりと尊重し、法の定めに従って、慎重かつ厳正に対処したい。(執行に)のぞむにあたっては、鏡を磨いて磨いて磨いていく、そういう心構えで厳正に対応したい」と述べた。

 初めて法相に就任した14年10月の記者会見では「歴代大臣が現行法を尊重してきたことを引き継いでいく」と、執行に肯定的な姿勢を示した。約8カ月後の15年6月には、インターネットの「闇サイト」で知り合った男らが名古屋市の会社員女性を殺害した事件で死刑が確定した死刑囚に対する執行を指揮した。