[PR]

 河野太郎外相は19日午前の閣議後会見で、再来年度の予算案で外相専用機の導入の関連費用を確保したいとの考えを示した。日本には外相専用機がなく、中国など他国の外相に比べて訪問国に差が出ていることなどを理由に挙げた。

 河野氏は「2013年1月から5年間で日本の外相は97カ国を訪問したが、同じ時期に中国の王毅(ワンイー)外相は262カ国を訪問しており、訪問国に3倍近い差がついている」と強調。「どう機動的に対応していくかを真剣に考えていく必要がある」と述べ、「専用機を購入するという手もあるし、日本企業が持っているビジネスジェットを借りるやり方もある。次の(19年度予算案の)概算要求でどういうやり方がいいのか検討したい」と語った。

 河野氏はまた、「島嶼(とうしょ)国を回ろうとすれば民間の商用ルートではハブ空港まで戻らないといけない」などと、不便さも強調した。