[PR]

 「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)で知られる熊本市の慈恵病院が、母親が匿名で出産して子どもは後に出自を知ることができる「内密出産制度」の導入を検討していることについて、加藤勝信厚生労働相は19日の閣議後の記者会見で、「熊本市から相談もないのでコメントは控えたい。仮に相談があれば対応させていただく」と述べた。

 加藤氏はまた、「母体と胎児の健康と安全をしっかりと確保することが重要だ」とし、予期しない妊娠に悩む母親への支援については、各市区町村に設置を進めている相談窓口「子育て世代包括支援センター」で対応していくとした。

 内密出産は妊娠を知られたくない女性を医療機関が匿名で受け入れることで母子の安全を図り、子どもが一定の年齢になれば母親の身元を知らせる仕組み。ドイツで制度化されている。