【動画】パラローイング選手、児童らへ熱い思い語る=真田嶺撮影
[PR]

 大津市大門通の市立長等小学校の6年生108人が19日、障害者ボートについて特別講義を受けた。リオ・パラリンピック世界最終予選に出場した谷口佑樹さん(29)の体験を交えた話に、子どもたちは真剣に聴きいった。

 谷口さんは障害がある人のボートクラブ「琵琶湖ローイングクラブ」(びわろー)に所属し、瀬田川を拠点に活動している。

 谷口さんは脚に力が入りにくい先天性の障害がある。この日の講演では、小学生の頃に歩き方の違いをからかわれるなどつらい思いを経験し、「もう死んでしまいたい」と思うこともあったと打ち明けた。社会人になってからボートに出合って夢や目標が生まれ、「今では生きていて良かったと思う」と語った。

 夢の一つは東京パラリンピック…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら