[PR]

漫画偏愛主義

 本作を書店で見かけたとき、私の脳内では「日高ショーコ、ついにヘテロ漫画界へ進出!」のテロップが流れた。女性誌「YOU」(集英社)で連載中の本作。BL界の大御所・日高の、ヘテロ(男女恋愛)漫画界への本格進出作である。いや、今のところ主要人物に女性は1人だけなので、恋愛に発展するかは不明なのではあるが。

 日高といえば、繊細な絵柄とじりじりとした心理描写でBL界で絶大な人気を誇ってきた。美貌(びぼう)の家令と若き子爵によるクラシカル・ロマン「憂鬱(ゆううつ)な朝」、無愛想な大学生と広告マンのもどかしい愛を描いた「花は咲くか」などなど。短編もそれぞれ完成度が高く、主人公カップルの脇キャラが主人公になる「スピンオフ」作品も多い。そう、BL界に不案内な方々に声を大にして伝えたい。日高とは、BL界の巨星なのである。

 それが、女性漫画誌の王道「Y…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも