[PR]

 元横綱日馬富士の暴行問題で、日本相撲協会の横綱審議委員会(委員長=北村正任・毎日新聞社名誉顧問)の臨時会合が20日、東京・国技館で行われた。現場に居合わせた白鵬、鶴竜の両横綱に対し、「厳重に注意すべきと、(協会に)進言をする」との意見をまとめた。また、協会に非協力的な態度を取ってきた貴乃花親方(元横綱)には、「非難に値する」と厳しい声が出たと明らかにした。

 協会の危機管理委員会(委員長=高野利雄・元名古屋高検検事長)による中間報告では、日馬富士が幕内貴ノ岩に暴行を加える際、白鵬が止めに入ったと認定していた。しかし横審は、結果的に暴力を防ぐことができなかったことを問題視した。20日午後の臨時理事会で処分を検討する。

 また横審は、日馬富士に対して「引退勧告相当」との意見を出した。すでに引退している力士に懲戒処分は科せないが、今後の指標とするため、今回の暴行がどの程度に相当するかを判断する、とした。横審の内規には現役横綱が体面を汚す行為などがあった場合に、「激励」「注意」「引退勧告」ができるとある。今回、被害程度などは別として、現役横綱が暴力を振るった事実を重く見た。

 北村委員長は「横審の直接的な課題ではない」と前置きした上で、貴乃花親方には「この間の言動は非難に値する。横審委員の全員の意見である」と述べた。このほか、張り手、かちあげなどが目立つ白鵬の取り口に批判的な投書が届いていることも発表し、「自覚をどう促すか。協会として工夫、努力して欲しいという意見もあった」と話した。