冬景色に柿色の彩り 奈良・五條で「つるし柿」

井手さゆり
【動画】大詰めを迎えたつるし柿作り=井手さゆり撮影
[PR]

 柿の産地として知られる奈良県五條市が、つるし柿の季節を迎えている。柿農家の上辻範英さん(41)宅では、皮をむいた渋柿が自宅横の加工場の2階につり下げられ、冬景色に彩りを添えている。

 同市は青果としての柿の生産量が自治体別では全国トップ。つるし柿づくりは、青果用の柿の収穫後、家族総出で取りかかる。雨がしのげ、風通しのいい場所で約2カ月間乾燥させて出荷され、道の駅などで販売されるという。(井手さゆり)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント