[PR]

 雪の季節が迫る11月末の飯盛山(福島県会津若松市)は、観光客もまばらで、追悼の場にふさわしい静けさに包まれていた。

 180段余りの石段を登った先の広場の左側には、白虎隊士19人の名前を刻んだ墓碑が並ぶ。右側にはムソリーニ政権のイタリアから贈られ、戦後は進駐軍から一時撤去を命じられた高さ8メートル超の石碑が立つ。

 ここでは「20人が自刃し、飯沼貞吉(後に貞雄と改名)だけが生き残った」と伝えられてきた。しかし、これが事実か、疑問視する見方が出ている。

 会津歴史研究会会長の井上昌威…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら