• アピタル

「末期がんの妻を楽にしてあげたかった」 夫を逮捕

有料会員記事

笠原真、御船紗子
[PR]

 埼玉県狭山市で19日、61歳の妻の首を刃物で切りつけたとして、62歳の夫が逮捕された。妻はその後に死亡した。夫は「末期がんの妻を楽にしてあげたかった」と供述しているという。

 逮捕されたのは同市笹井1丁目、無職山下照男容疑者。狭山署の発表によると、同日午前0時35分ごろ、自宅で妻の真紀子さんの首を包丁で切りつけたとして殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、容疑を殺人に切り替えて調べている。

 署によると、山下容疑者は自ら「妻を殺した」と110番通報。真紀子さんは寝室の布団の上で血を流して仰向けに倒れており、病院に運ばれたが約1時間45分後に死亡が確認された。

 一家は5階建ての団地の一室で長男(34)との3人で暮らしていた。山下容疑者は以前から自宅で真紀子さんの看病をしていたとみられるという。

 近くに住む80代男性は以前…

この記事は有料会員記事です。残り195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら