[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式について、大会組織委員会は20日、「総合プランニングチーム」を設け、メンバーに映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ監督の山崎貴氏ら8人を選んだと発表した。来夏までに、プランニングチームが五輪とパラリンピックの四つの開閉会式を起承転結で貫くメッセージやストーリー(基本プラン)をまとめた後、監督の人選にあたる。

 メンバーは山崎氏のほか、昨年のリオデジャネイロ大会の閉会式で東京大会をPRするセレモニーに関わったクリエーティブ・ディレクターの佐々木宏、菅野薫、栗栖良依、歌手の椎名林檎、演出振付家のMIKIKOの5氏も加わった。狂言師の野村萬斎、昨年ヒットした映画「君の名は。」をプロデュースした川村元気の両氏も選んだ。人選に携わった有識者懇談会の御手洗冨士夫座長(組織委名誉会長)は「20年大会の後も活躍できる世代を中心に選んだ」と説明した。

 開閉会式について、組織委は今年4月から有識者懇談会で議論。インターネットで国民から集めた計1800件以上の意見も参考にし、「平和」「共生」「復興」「未来」「日本・東京」「アスリート」「参画」「ワクワク感・ドキドキ感」の八つを基本コンセプトにすることも決定。プランニングチームが、この基本コンセプトをもとに、開閉会式の基本プランを考える。

 監督の人選について、組織委の中井元チーフ・セレモニー・オフィサーは「プランニングチームのメンバーと重なる可能性もある」と説明した。(前田大輔)

こんなニュースも