[PR]

 一年でもっとも寒くなる時期を迎えました。気をつけたいのが急激な温度差によって体調不良を起こすヒートショックです。風呂での事故が多く、死に結びつくことも。防ぐにはどうしたらよいでしょうか。

 風呂で事故が起きるのはなぜか。暖房をつけた暖かい部屋から寒い脱衣場へ行って裸になり、さらに冷えた浴室に入ると、血圧が急上昇する。お湯につかって体が温まると、今度は血管が広がり、血圧が下がる。寒い脱衣場に出ると、また血圧が上がる。こうした時、脳出血や心筋梗塞(こうそく)を起こしたり、気を失って湯船でおぼれたりする危険がある。血圧が変動しやすい高齢者は特に注意が必要だ。

 厚生労働省の調査によると、2016年に家の風呂でおぼれて亡くなった人は5138人。9割以上が65歳以上の高齢者だ。この中には、ヒートショックが原因で亡くなった人もいるとみられる。

 断熱性が低い住宅は、暖房をつけている部屋とそうでない部屋の温度差が大きい。浴室が寒く、温まろうとして高い湯温の風呂に入ると、急激な温度変化で危険性が高まる。

 東京ガス都市生活研究所の足立昌光主任研究員(35)は「ヒートショック対策には、温度差を小さくする『バリアフリー化』が有効」と言う。

 具体的な対策としては、断熱性の高い浴室にリフォームする▽浴室・脱衣場に暖房設備を付ける▽二層ガラスなど断熱性の高い窓に換える――などの方法がある。浴室暖房乾燥機には壁掛け式と天井に付けるタイプがある。工事費なども含めて十数万円~数十万円かかるが、リースで利用できるものもある。

 暖房は、入浴時につけるのではなく、入る少し前からつけて暖めておく。高齢になると寒さを感じにくくなることもあり、注意が必要だ。家族に高齢者がいる場合、脱衣場や浴室が寒いと感じたら、暖房を入れておく。

 ヒートショック対策の機能をつけた給湯設備もある。

 ノーリツが昨年9月に出した「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら