[PR]

漫画偏愛主義

 お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎が初めて描いた漫画だそうだ。彼らしいとつとつとした語り口にシンプルな絵柄。それが読みやすい。10万部超の大ヒットの本作、各メディアで大絶賛だが、私も矢部を応援したい一人なので、改めてご紹介したい。

 私にとって矢部太郎といえば、90年代から2000年代に大人気だった日本テレビ系の番組「電波少年」だった。矢部は「外国人を笑わせてみたい」と言ったばかりに、部屋に閉じ込められ、語学習得を命じられる。テストに合格しないと3度のご飯も与えられない。当時20代、必死にがんばる矢部に、私は心からエールを送ったものだ。

 そして彼は11カ月でスワヒリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも