[PR]

 和歌山県田辺市で19日、帰宅途中だった市内の小学生の女子(8)が男にスプレー缶で顔に液体を吹きかけられて重傷を負った事件で、県警は20日、同市臨時職員、宮下裕介容疑者(20)=同市新屋敷町=を傷害容疑で逮捕し、発表した。県警によると、容疑を認めているという。

 田辺署によると、宮下容疑者は19日午後3時5分ごろ、同市上芳養(かみはや)の県道で、車を降りて女児に駆け寄り、持っていたスプレー缶で液体を顔に吹きかけ、3カ月の重傷を負わせた疑いがある。女児の顔は赤く炎症を起こしているという。宮下容疑者の供述などから、吹きかけたのは催涙スプレーと県警はみている。

 県警によると、女児と宮下容疑者は面識がないという。防犯カメラの映像などから、現場から逃げたシルバーの車を特定し、宮下容疑者が浮上したという。