[PR]

 20日午後6時半ごろ、群馬県藤岡市の県立藤岡中央高校のグラウンドで、生徒が投げた陸上競技のハンマー(約4キロ)が、同校サッカー部2年の大広一葉さん(17)の頭にぶつかった。大広さんは病院に救急搬送されたが、午後8時過ぎに死亡が確認された。

 県警藤岡署などによると、ハンマーは陸上競技部の男子生徒(3年)が投げたもので、事故当時、大広さんは部活中だった。同校のハンマー投げの場所とサッカーのグラウンドは近くにあり、ぶつかったのはサッカーのゴールポスト付近だったという。県警はぶつかった時の状況や安全管理に問題がなかったかなど調べている。