[PR]

 朝鮮半島中西部の非武装地帯(DMZ)で21日午前8時4分ごろ、北朝鮮軍兵士1人が軍事境界線を越えて韓国軍の哨戒所に逃げ込んだ。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。韓国側は今後、兵士に対して詳しい動機などを調べる。

 韓国軍によれば、同日午前9時24分ごろ、逃亡した兵士を捜索する北朝鮮軍兵士数人らが軍事境界線に接近してきた。韓国軍は北朝鮮兵士らに警告放送をしたうえで、機関銃二十数発の警告射撃を行ったという。

 また、韓国側は午前10時過ぎ、2度にわたって北朝鮮側地域で数発の銃声を確認したという。

 DMZにある板門店では11月13日、北朝鮮軍兵士が韓国側に逃走した際、同軍の別の兵士から銃撃を受ける事件も起きていた。

 また韓国統一省によれば、20日午前11時30分ごろ、日本海の竹島北方約100キロの海上で、韓国海軍が北朝鮮の漁船を発見。乗船していた北朝鮮の男性2人が韓国に亡命を求めたという。(ソウル=牧野愛博)