[PR]

 東京海上日動火災保険と東京海上日動あんしん生命保険は21日、グループの保険販売代理店で不正アクセスにより顧客情報が流出したと発表した。問題が起きたのは、保険販売代理店「東海日動パートナーズ中国四国」(広島市中区)で、三次支社と下関支社のメール情報が外部から不正に取得され、法人・個人の情報約5400件分が漏れたという。現時点で悪用されたとの情報はない。

 流出したのは保険契約者らの名前、住所、電話番号、銀行口座情報、健康状態など。不正アクセスは中国と台湾からだったという。今後の調査で流出件数が増える可能性がある。すでにパスワード変更などの対策を取った。問い合わせは、東京海上日動パートナーズお客様相談センター(0120・490・551)。