[PR]

 「日本は原発ゼロでやっていける」――。小泉純一郎元首相らが来月、「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を発表し、与野党に協力を呼びかける。立憲民主党も「ゼロ法案」の国会提出を目指しており、小泉氏と野党の「共闘」が実現しそうだ。

 法案は小泉氏が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」(会長=吉原毅・元城南信用金庫理事長)が作成を担った。原発の稼働停止を求め、電源構成に占める再生可能エネルギーの割合を高めることなどを盛り込む。

 一方、立憲民主党は原発ゼロについて、「具体的なプロセスが問われる段階」(枝野幸男代表)として法案を検討中。原発立地自治体への対策や、使用済み核燃料の処理に関する工程表もまとめる方針だ。

 全国各地の講演で原発ゼロを訴えている小泉氏は来月10日、細川護熙元首相らとともに法案について記者会見する。小泉氏は周辺に「安倍政権ではもう難しいだろうが、近い将来、原発ゼロは必ず実現する。世論はずっと再稼働反対が多い」と話している。(関根慎一)

こんなニュースも