[PR]

 日本郵便は21日、年賀状の料金不足時の扱いを公表した。来年1月7日までに差し出された場合、1通52円に据え置かれた年賀状の料金が、8日から通常のはがきと同じ62円になるためだ。通常は宛先に届けた上で受取人に不足分の支払いを求めているが、1月8~15日に出された年賀状だけは差出人に送り返し、10円分の切手を貼って出し直すよう求める。「年賀状という性格上、受取人に負担を求めるのは失礼と判断した」(広報)という。

 はがきの料金は6月1日、52円から62円に上がったが、同社は12月15日~翌1月7日に差し出される年賀状に限って52円に据え置いた。