[PR]

 仮想通貨「ビットコイン」について、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は21日の金融政策決定会合後の記者会見で、「異常な高騰であることは事実」と語った。決済手段としては「通貨と同じようには機能していない。投資・投機の対象として取引されている」と指摘した。ビットコインは年初の1コイン=10万円程度から、最近は一時200万円超まで急騰した。「バブルでは」との指摘に対し、黒田総裁は「私が決める話ではない」としつつ、「最近は非常に上昇している。ただ、日銀の金融政策への影響はない」と述べた。