【360度動画】香港の2階建てバスの魅力を紹介=細川卓撮影
[PR]

 今年、英国から中国に返還されて20年を迎えた香港は間もなく、年末年始の旅行シーズンを迎える。根強い人気を誇っている2階建ての観光用「オープントップバス」で、香港名物のツアーを体験した。

 昼過ぎ、九龍半島の中心街・尖沙咀でチケット代を支払い、バスに乗車。心地よい揺れを感じながら、目抜き通り「ネイザンロード」を進む。ホテルや商業施設が並ぶ風景から、徐々に古びたビルや露天が密集する繁華街エリアへ。街の風景をじっくりと観察できるのが昼の魅力だ。

 夜になると、街も人も一段と活気に満ちてくる。特に屋台が並ぶ繁華街・旺角付近は、ひしめくビルから突き出たネオン看板が、次々と頭上を通り過ぎる。信号で停車すると、騒々しさとともに、香港人の熱気が2階の座席まで伝わってくるかのようだ。

 ビクトリア湾の先に望む香港島の高層ビル群を眺めながら、乗車地点に戻った。1周約1時間の都会探検だ。(細川卓)