[PR]

 世界的に有名なクラシック音楽の指揮者で、NHK交響楽団の名誉音楽監督を務めるシャルル・デュトワ氏(81)が、オペラ歌手ら4人の女性から、1985年~2010年にセクハラの被害を受けたと訴えられていることがわかった。AP通信が伝えた。

 有名なソプラノ歌手のシルビア・マクネアーさんは85年、「エレベーターにふたりきりになったとたんに、壁に私を押しやり、体を押しつけてきた」などと明らかにした。

 元メゾソプラノ歌手のパウラ・ラスムッセンさんも、91年にデュトワ氏の楽屋で「壁に体を押しつけられ、彼の下着の中に手を入れさせられた」と証言し、その後は2人きりにならないようにしてきたと話したという。他にも、匿名で女性2人が被害を訴えた。AP通信は、デュトワ氏とは連絡が取れていないとしている。(ワシントン=宮地ゆう)

     ◇

 デュトワ氏は日本ではNHK交響楽団と関係が深く、1996年から常任指揮者、98年から音楽監督、2003年からは名誉音楽監督を務めている。N響はホームページ上で「大変驚き、かつ、極めて深刻に受け止めています。事実関係を把握すべく、デュトワ氏のマネジメント会社等に問い合わせているところです」などとしたうえで、来年12月に予定されている定期公演への出演については「今回の事態を踏まえて適切に対処していきたい」と説明している。