岡山)冬至に合わせゆず湯、湯原温泉

国米あなんだ
[PR]

 冬至の22日、真庭市湯原温泉の露天ぶろ「砂湯」でゆず湯のサービスがあった。湯原観光協会が毎年主催。「露天ぶろ」の語呂に合わせ、県内産のゆず626個が湯に浮かべられた。入浴していた人たちからは「いい香り」と声が上がった。

 かごに入れたゆずを湯に入れた「湯の蔵つるや」の若女将、小河原早苗さん(43)は「雪が降れば景色はさらに美しくなる。湯原であったまってほしい」と話した。

 砂湯では23、24日午後6時からろうそく626本を点灯する。花火の打ち上げやコンサートなども予定されている。(国米あなんだ)