[PR]

 群馬県藤岡市の県立藤岡中央高校のグラウンドで20日午後6時半ごろ、生徒が投げた陸上競技のハンマー(約4キロ)が同校サッカー部2年の大広一葉さん(17)の頭に当たった。大広さんは病院に運ばれたが、午後8時過ぎに死亡が確認された。死因は出血性ショックだった。

 県警藤岡署などによると、ハンマーは陸上競技部の男子生徒(3年)が、後輩の指導中に投げた女子用のもので、50メートルほど離れた場所でサッカーボールを片付けようとしていた大広さんに当たった。

 ハンマー投げの場所は、サッカーグラウンドの北側のゴール付近と隣り合わせにあるため、サッカー部の練習は、グラウンドの南側半分しか使っていないという。ハンマーが当たった場所は、グラウンド北側のゴール前あたりで、大広さんは練習後の片付けで近くまで来ていたとみている。

 同校の説明では、事故当時、陸…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら