[PR]

 神奈川県平塚市の認可外保育所「ちびっこBOY」などで預かっていた女児計15人に対する強制わいせつと児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪に問われた元保育士の角田(つのだ)悠輔被告(36)に対し、横浜地裁は26日、懲役15年(求刑懲役18年)を言い渡した。深沢茂之裁判長は「児童の人格を無視し、玩具のように扱った」と非難した。

 判決によると、角田被告は、横浜、平塚両市の保育所に勤務していた2015年4月から16年3月までの間、保育所で預かっていた計15人の女児に対し、下半身を触ったり、写真や動画を撮影したりした。

 角田被告はこれらの事件の前の10年11月、幼児に対する強制わいせつの罪で懲役3年の実刑判決を受けた。出所後、その事実を隠して保育所に勤務していた。

 角田被告は「ちびっこBOY」に勤務していた15年12月、夜勤中に男児(生後4カ月)に暴行を加え、脳挫滅で死亡させたとして傷害致死罪でも起訴されており、同罪は裁判員裁判の対象事件のため、来年1月22日から別に裁判が予定されている。(佐藤栞)