[PR]

 自民党の二階俊博幹事長が24日から訪問する中国でトキの貸し出しや譲渡を要請する。トキは国の特別天然記念物だが、日本産の絶滅後、中国から贈られた少ない個体を元に繁殖してきたため、「遺伝的多様性が低い」と指摘されていた。新たなトキを中国から再び迎え入れたい考えだ。

 訪中は、中国共産党との「日中与党交流協議会」に公明党の井上義久幹事長とともに出席するのが主な目的。北朝鮮の核・弾道ミサイル開発への対応などを話し合う。日本側は習近平(シーチンピン)国家主席との面会も要請している。二階、井上両氏と22日に会談した安倍晋三首相は、今後の日中間の外交について、日中韓首脳会談で李克強(リーコーチアン)首相が来日した後、自らが訪中し、習氏が来日する、という日程感を示したという。

 トキをめぐっては、繁殖地の新潟県佐渡市からも20日、中国政府への働きかけを求められた。市の担当者は「今回の訪中に期待したい」と語っている。(明楽麻子)

こんなニュースも