[PR]

 JR小浜線の敦賀―十村間が開業百年を迎え、23日、若狭町井崎の十村駅で記念イベントがあった。3両編成の特急サンダーバード型の特別列車が30分間停車し、京阪神からの乗客も交えて祝った。

 敦賀―十村間は29・3キロ。地元住民が熱望し、1917年12月15日に開業した。記念イベントはこの節目に当時の住民らの偉業をたたえ、地域を盛り上げようと、住民組織、みそみ地域づくり協議会と町が主催して開いた。

 協議会長の田中信一さん(70)は旧国鉄OBで、小浜線の信号や踏切の保守を担当した。「子どものころは座れないぐらい乗客が多く、駅前も商店街でにぎわった。今は客も減ってしまったが、出来るだけ多くの人に利用してもらい、地域を盛り上げたい」

 特別列車は日本旅行が企画した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら