[PR]

 23日午前9時15分ごろ、北九州市八幡東区東田4丁目の市道を走っていた乗用車が歩道に乗り上げ、歩行者をはねた。福岡県警によると、広島県尾道市の会社員男性(24)が頭を打って意識不明の重体。他に親子ら12~43歳の男女4人が軽傷を負った。県警は乗用車を運転していた北九州市八幡西区友田3丁目の会社員依里稔也容疑者(21)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

 現場は、31日で閉園するテーマパーク「スペースワールド」の入場門近くで、JRスペースワールド駅から園に向かう客らが通る歩道。園ではクリスマスのイベントが開かれ、午前9時の開場から多くの人が詰めかけていた。

 けがをした人はそれぞれスペースワールドへ行く途中だった。重体の男性は友人と待ち合わせをしていたとみられる。他の4人は尾道市の看護師の女性(43)と小学生の長女(12)、山口県岩国市の会社員男性(19)と知人の大学生の女性(20)。

 八幡東署によると、依里容疑者は、片側2車線の中央側の車線を走行中、左車線に停車していた車が動き出したのでハンドルを右に切り、中央分離帯に接触。今度は左に切ったところ、縁石から歩道に乗り上げたと説明している。飲酒はしていないとみられるという。同署は運転を誤ったとみて事故時の詳しい状況を調べている。

 乗用車は歩道を斜めに横切って約50メートル走行し、植え込みに衝突して止まった。現場では歩道脇の柱やスペースワールドの看板が倒されていた。

 孫らとスペースワールドを訪れた男性(67)は事故後、救急車の出動していた現場を通りかかった。「自分たちと同じように閉園前に遊びに来た人たちがはねられたのだろうか。ひどい事故だ」と話していた。(奥村智司)