[PR]

 いじめのサインは何度も見逃された。昨年9月に亡くなった兵庫県加古川市立中学の女子生徒(当時14)は3カ月前、いじめをうかがわせる訴えを発していた。23日に記者会見した市教委の第三者委員会は「学校は何ら対応をしなかった」と厳しく批判した。

 「いじめで尊い命が失われたことを極めて重く受け止めている。ここに心より深くおわび申し上げます」

 23日午後、記者会見した市教委の田渕博之教育長は、深々と頭を下げた。

 第三者委員会によると、同校は昨年6月、校内でアンケートを実施した。学習や友人関係などの学校生活全般に関する内容で、「あてはまる」から「あてはまらない」まで5段階の回答から選択する仕組みだ。

 女子生徒は、いじめを受けてい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら