[PR]

 第41回県アンサンブルコンテスト(県吹奏楽連盟、朝日新聞社など主催)の2日目が24日、広島市安佐南区の区民文化センターであった。小学校、中学校、大学、職場・一般の部の計40チームが演奏し、中国大会に出場する14チームも決まった。

 大学の部では尾道市立大と比治山大がともに初出場を決めた。尾道市立大は6月から練習した成果を披露。チームリーダーの影山心さん(3年)は「(代表に)選ばれるとは思っていなかったのでびっくり」と笑顔を見せた。4年ぶりの出場となった比治山大のチームリーダーの門田瑞生(もんでんみずき)さん(1年)は「中国大会の舞台もメンバー全員で楽しみたい」と話していた。

 中学校の部では、福山市立城南…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら