[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)は2016年12月のデビュー戦を白星で飾り、翌年も無敗のまま勝ち続けた。6月21日、神谷広志八段(56)が持つ公式戦の連勝記録「28」に並んだ。師匠の杉本昌隆七段(49)が「ありえない数字」と表現していた金字塔だ。

 記録更新がかかった6月26日の朝、東京都渋谷区の将棋会館は異様な熱気に包まれた。会館の前には取材陣、そして両対局者をひと目見ようとするファンが勢ぞろい。対局室には、多くのカメラレンズが並んだ。

 竜王戦の挑戦権を争う決勝トーナメントの大一番。特別対局室の上座に、増田康宏四段(20)が座った。増田はこの時19歳。フレッシュな10代対決は、先手番の藤井の初手▲2六歩で幕を開けた。対する増田は△8四歩と応じた。

 藤井の陰に隠れていたが、増田も小学生の頃から有望視されてきた大器だ。14歳で三段に昇段。一時は藤井が実現した「中学生棋士」の期待もかけられた。16歳でプロ入りし、16年には若手の登竜門「新人王戦」で優勝。藤井がプロ入りするまでは、現役で最年少だった。

 増田は1月、非公式戦で対戦し、藤井が勝っている。増田は「初めて年下に負けた。ショックだった」。再び顔を合わせたこの一戦は初の公式戦での対戦でもあり、絶対に負けられない。「打倒藤井」のために作戦を練りに練った。藤井を取り上げる番組を目にすると、テレビを消した。

「雁木」の構えを目指した増田四段。このあと、中盤以降の心の揺れや、対局を検討していた棋士たちを驚かせた藤井四段の終盤力に迫ります。

 本番。増田の研究が図に当たっ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら