[PR]

 1メートル四方の大きな段ボール箱に子どもたちが群がった。知的障害を持つ子どもたち35人が共同生活を送る入所施設「駿遠学園」(静岡県島田市福用)に、毎年12月初めに届く贈り物。今年で4年目になる。送り状にはいつも「ストレッチマン」とだけ書いてある。住所も電話番号もない。

 「ストレッチマン」はEテレの番組で、障害がある子どもたちに体操を指南していたキャラクター。頭がとがった黄色いスーツに身を包み、野太い声で「ぬはははは」と笑う。

 桜井郁也園長(45)は最初、「いたずらか?」と思った。だが、「駿遠学園のみんなへ」と書かれており、匿名の贈り物だとわかった。当時、伊達直人(タイガーマスク)の名前で、各地の児童養護施設に贈り物が届いていた。「今の子はタイガーマスクを知らない。ストレッチマンを名乗るあたり、子どもに近しい人だな」と思った。

 1年目はボールやスケート靴な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら