[PR]

 25日午前2時10分ごろ、大阪府箕面市粟生間谷(あおまたに)西2丁目の「UR都市機構箕面粟生第3団地」の一室で「子どもが息をしていない」と母親(26)から110番通報があった。警察官が駆けつけると、長男の筒井歩夢(あゆむ)ちゃん(4)がベッドに心肺停止状態で横たわっており、搬送先の病院で死亡が確認された。歩夢ちゃんには全身に複数のあざがあったという。府警は母親と内縁の夫(24)、その知人の男(20)の3人を殺人容疑で逮捕した。

 箕面署によると、3人は24日夜~25日未明に歩夢ちゃんの腹部などに暴行して殺害した疑いがある。3人は日常的な暴行を加えていたことを認めているという。内縁の夫は「言うことを聞かないので、しつけで素手で殴った」と説明している一方、母親は今回の事件について「見ていただけ」と話しているという。歩夢ちゃんは、外傷性の腹内出血と診断された。

 歩夢ちゃんには2歳の弟もおり、同日に子ども家庭センター(児童相談所)に保護された。捜査関係者によると、弟にもあざがあったが命に別条はないという。

 現場は、大阪モノレール彩都線・豊川駅の北西約2キロの住宅街。