[PR]

 景品を取れない設定にしたクレーン型ゲームによる詐欺事件で、大阪府警は25日、大阪・ミナミなどでゲームセンターを運営するアミューズメントトラスト(大阪市浪速区)の社員、佃(つくだ)明典容疑者(30)=大阪市中央区松屋町=を詐欺容疑で逮捕したと発表した。佃容疑者は同社長の大平剛史容疑者(33)=詐欺容疑で逮捕=の補佐役で、容疑を認めているという。

 府警は、従業員向けのマニュアルも押収した。佃容疑者は「(大平容疑者の)指示を受け自分が作った」と供述。マニュアルには、無料券で客を誘う▽帰ろうとする客は景品を上乗せして引き留める▽旅行客はトラブルになりにくいのでどこから来たのか聞く、などの文言があるという。

 保安課によると佃容疑者は今月上旬、大平容疑者らと共謀し、ミナミの2店舗でクレーン型ゲームを景品が取れない設定にした上で、「絶対に取れる」などと客4人から計約47万円を詐取した疑いがある。ゲームはカッターを移動させて商品を落とす仕組みで、従業員らはカッターが商品からずれて止まるように設定していたという。