拡大する写真・図版 PC用の1~3月のカレンダー。JR大館駅前の秋田犬ふれあい処(どころ)にいる、あこ(秋田県大館市提供)

[PR]

 忠犬ハチ公のふるさとの秋田県大館市は25日、パソコン(PC)やスマートフォンの壁紙として使える秋田犬(いぬ)のカレンダー画像の無料提供を始めた。来年のえとの戌(いぬ)年にちなむサービス。市観光課は「たくさんの人に大館市を知ってもらい、ぜひ秋田犬に会いに来てほしい」と話す。

 市が先月末、年賀状やSNSに使える秋田犬の画像の無料提供を始めたところ、朝日新聞などに取り上げられ、アクセス数が急増。カレンダー用の画像も提供することにした。

 スマホ用には1カ月ずつ12種類の画像のカレンダーを提供。PC用は、このほかに3カ月を一つにまとめた形式もある。画像は、秋田犬の子犬が走り回ったり、JR大館駅前の秋田犬ふれあい処(どころ)に常駐する姉妹犬「飛鳥」「あこ」が、歴史的建造物の前でポーズを決めたりといった写真で、市職員が撮影した。来年12月31日までダウンロードできる。

 大館市は来年1月1日、「秋田犬1.1(ワンワン)散歩初め」と題したイベントを開く。大館市内の秋田犬会館前にある銅像「望郷のハチ公像」前で記念撮影をした後、「1(ワン)」が六つそろう午前11時11分から、秋田犬と一緒に歴史散歩をする。イベントやカレンダーの問い合わせ先は、市観光課(0186・43・7072)。(村山恵二)