[PR]

 マーガレット・ペストリアスは、ウェディングドレス姿で裁判所に出廷した。オーストラリアのほぼ中央、アリススプリングズでのこと。53歳の反戦活動家、そして熱心なキリスト教信者のペストリアスは、明るいオレンジ色とクリーム色の生地に、ハトとピースサイン、笑顔の太陽をあしらった創作ドレス姿で、「イースター(復活祭)の色です。私は常々『復活のドレス』だと思っています」と語った。

 2017年11月24日、彼女はオーストラリア最奥部にある米最高機密の軍事基地に不法侵入した罪で有罪判決を受けた。

 基地は「パインギャップ統合防衛施設(Joint Defense Facility Pine Gap)」の名で知られているが、外界から孤立して砂漠の中にある。軍事専門家や漏洩(ろうえい)された米国家安全保障局(NSA)の文書によると、米国は衛星情報をここで管理し、ピンポイント空爆や核兵器を狙った攻撃をするための情報を集中的に管理している。攻撃関連だけでなく、世界中のさまざまな軍事情報も扱っている。

 この重要な軍事施設は、オース…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも